小型カメラ > 小型カメラで撮影検証 > 写真の役立ち情報 > 不貞の証拠をつかむ上での心得
不貞の証拠をつかむ上での心得

証拠の写真

不倫の証拠を記録して、裁判を有利にすすめたいという場合、小型カメラなどを使って、証拠の動画を撮影するケースが多いと思います。しかし、単に不倫相手と出会っているシーンを撮影しても、それは証拠にするのは少し難しいので、注意が必要です。

継続的に会っている証拠をつかむ

例えば宿泊所に入っていく2人、そして出てくる2人を写真撮影できたとしても、その1回きりだと少し弱いです。できれば何度も継続的に逢瀬を持っている証拠をつかんでおくと良いでしょう。もし2人の逢瀬の場が自宅だと、小型カメラを使って撮影しやすいのでおすすめです。また一般的に車で出会うケースも多いので、車の中に小型カメラを仕込む方もいらっしゃいます。外部施設の場合は張り込みがなかなか大変ですので、専門業者を使って記録してもらうのも1つの手ですね。

写真や動画を見やすいように準備しておこう

用意した写真や動画は、紙媒体で印刷してすぐに出せるようにしておくと、効果的です。例えば写真はそのまま印刷すればOKですが、動画の場合は、いくつかのシーンをピックアップして1枚の紙に出しておくと良いでしょう。また、携帯などで再生できるようにデータを移動しておくのも1つの手です。そしてデータは無断で削除されてしまわないよう、コピーをとって別途保管しておきましょう。LINEのやりとりについても、スクリーンショットといった写真をとっておくと良いでしょう。

第三者に立ち会ってもらうこと

相手がどう言い訳してくるか予測し、しっかり準備したうえで証拠を出すことをおすすめします。例えば第三者に立ち会ってもらったうえで話し合いするのが効果的です。義両親や兄弟といった身内だと逃げ道がふさがれるので、おすすめです。不倫相手と3人で・・・というのは逆に2対1になってしまうので不利になりやすいので注意が必要です。

不貞相手への賠償請求

一般的には不貞を働いた相手に対して、慰謝料を請求することが可能です。ただしそれは相手が、既婚者だと知ったうえで付き合っていた場合に限ります。ですので、「既婚者であると知っていたかどうか」その証拠もICレコーダーのようなものでしっかり記録しておくようにしましょう。