小型カメラ > 小型カメラで撮影検証 > カメラ用語辞典 > ホームページ作成に便利なファイヤーワークス
ホームページ作成に便利なファイヤーワークス

ホームページ作成ソフトのファイヤーワークス

ホームページ作成の際、どんなソフトウエアを使うのですか、という質問をよくされます。まずもっておきたいのは写真などの画像加工ができるドローソフトというものを持っておくべきです。例えば前回記事にしたPhotoshopか、Fireworksが挙げられますね。ここではそんなファイヤーワークスに関して説明しています。

ファイヤーワークスとフォトショップの違い

フォトショップは元はカメラ屋さんが使用していたプロ用ツールです。画像の色調など、写真自体の加工に役だってくれます。フォトショップなら人物写真の顔を美人に加工することもできますし、ホームページの画像をオールマイティーに構築することが可能です。一方、ファイヤーワークスはWEB用にデータを変換する技に優れています。切り抜きを一斉に行なってくれたり、ボタンを作成したりといった、ホームページ部品を作るのが簡単になります。また、ファイヤーワークスのほうが若干、極小サイズのフォントの綺麗さが優っているように思えます(WEB用)ので、小さな画像文字を作る場合は、ファイヤーワークスが便利かもしれませんね。

ファイヤーワークスの画面

ファイヤーワークスはweb制作において必須ではない

フォトショップがあれば、ホームページ作成に関する画像加工はすべて網羅可能です。しかしファイヤーワークスはWEB化に特化しており、浅く簡単に操作できるのがコンセプトです。ということは、フォトショップを持っていればファイヤーワークスは必須ではないということになります。しかし、もちろんどちらを使っても良いです。

カメラに関心ある方はフォトショップのほうがお勧め

フォトショップは上述したように、写真加工能力に優れています。
写真の質は、カメラやそのレンズの機能次第というところもありますが、携帯や小型カメラで撮影した写真でも、このフォトショップを使えばプロ並みに補整することも可能なのです。