小型カメラ > 小型カメラで撮影検証 > カメラ用語辞典 > 写真加工を行うドローソフト「photoshop」とは
写真加工を行うドローソフト「photoshop」とは

写真加工を行うドローソフト「photoshop」とは

写真を加工するのに役立つソフトといえばPhotoshop(フォトショップ)ですね。これはプロのフォトグラファーが利用するプロ仕様のドローソフトです。値段も数万円以上する高価なものですが一般家庭用としてフォトショップを安い値段で購入する方法もあります。

フォトショップ

一般家庭用の安いフォトショップ
「Adobe Photoshop Elements」 

プロ用のフォトショップは機能も豊富で様々な加工を簡単に施せるようになっていますが、一般家庭ではそこまでの機能は必要ないと思います。そういう時はフォトショップエレメンツを購入すると良いでしょう。値段は1万5千円前後と非常に格安で購入が可能です。

ホームページ制作の画像加工に利用可能

一般のweb制作会社はホームページ制作のデザイン作成には、主にこのフォトショップを使っているところが大半です。(ファイヤーワークスというドローソフトやイラストレーターをメインで使っているところもあります) もしホームページ作成したいという方は、このフォトショップを購入すると良いでしょう。当サイトのデザインもフォトショップを用いて作成されています。