小型カメラ > 小型カメラで撮影検証 > 写真加工テクニック辞典 > 写真のファイル形式とホームページ掲載用の保存形式
写真のファイル形式とホームページ掲載用の保存形式

写真のファイル形式とホームページやブログ掲載用の保存形式

小型カメラやデジカメで撮影した画像をパソコンに取り込んだとき、どんなファイル形式で保存されているのか解説します。正しいファイル形式を覚えることでホームページやブログに掲載するのに役立ちます。

jpegの拡張子の写真

写真はJPEG形式

一般の写真のファイル保存形式はJPEG(ジェイペグと読みます)で保存されているのが大半です。
これは写真のように色数が多い場合、この形式が用いられます。逆にあまり色数の多くないイラスト画像はGIF(ジフと読みます)で保存されるのが一般的です。

JPEGの拡張子は「ファイル名.jpg」

勘違いされやすいのですが、拡張子は「ファイル名.jpg」になります。正式名称ではeが省かれますのでご注意を。(jpegと記載しても表示されることは表示されるのですが推奨されていません) パソコンの設定によっては、拡張子が表示されないように設定されていると思います。一般のWindowsは設定を変更しないと、jpgといったファイル拡張子は表示されないようになっています。

ホームページやブログでもJPEGで掲載可能

一般的にホームページ上で表示できる画像の拡張子は、「JPEG」「GIF」「PNG」が代表的です。他にも「BMP」といった画像も表示可能ですが、JPGやGIF等を使用するほうが良いでしょう。 写真なら特にJPEGのままで良いです。