小型カメラ

小型カメラ

小型カメラ

このページは「カメラの種類と歴史 」の情報コンテンツです。
小型カメラ > カメラの種類と歴史

豆知識

カメラの種類と歴史

一概に、カメラと言ってもたくさん種類があります。デジタルが主流になってさらにいろいろなカメラが増えています。代表的なものについて、ご紹介します。

フィルムかデジタルか

カメラの大きな分類として、像を映す感光材料が、フィルムなのか、固体撮像素子のデジタルなのか、と大きくわけることができます。近年は圧倒的にデジタルが人気ですね。また、デジタル化されたことでカメラの小型が進んできました。ペン型のカメラなんかは、フィルムでは絶対に作れません。また、撮影枚数もデジタル化によって格段に増えました。フィルムの味を好んで使われる方もいますが、その便利さと画質がよくなったことにより、現在ではデジタルがメインとなりました。

一眼レフカメラとレンジファインダーカメラ

一眼レフカメラは、レンズに映るものがそのままファインダーでも見られるのが利点です。カメラ中に反射鏡があり、それによって実現しています。一方のレンジファインダーカメラは、レンズとファインダーで映っているものが若干違うのですが、二重になっている像を重ね合わせることでピントを合わせています。不便そうな気もしますが、カメラをコンパクトにつくることができ、シャッター時のショックが少なく、手ぶれしにくいという利点があります。

ミラーレス一眼カメラ

ミラーレス一眼カメラは、ここ数年大変人気のあるカメラです。このカメラはその名のとおり、一眼レフカメラから反射鏡をとったタイプのカメラです。一眼カメラの利点は、レンズに写っているものがファインダーでも見えることですが、これはデジタルであれば、反射鏡がなくても可能なのです。そこで反射鏡を外して、コンパクトにしたため、大変人気となっています。デジタルのコンパクトカメラも同じ構造ですが、レンズ交換ができるものをミラーレス一眼カメラと呼んでいます。

小型化が進むカメラ

カメラは感光材料をデジタル化することにより、大きく変化を遂げました。特にその小型化には目を見張るものがあります。携帯電話にカメラが設置された時は驚きましたが、まだまだ小型化しています。ペンや腕時計に仕込まれたカメラで撮影する、という小説や映画の中での話だったことが、実現しています。また、記録媒体も小型化・大容量化が進み、静止画だけでなく、動画の録画も可能になっています。

特徴とお勧めの理由

レジスターの防犯対策にも役立つ

レジスター

現金を扱うレジスターには、いざという時の為に防犯対策をしておく必要があります。 特に小型カメラが活躍するのは、従業員による万引きがないか記録するケースです。こういう場合、置き時計に隠しカメラが付いているものが便利です。 また、外部からの強盗対策には、レジスター自体に防犯能力が高いものを選ぶと良いでしょう。例えばシャープ レジスターには、 ドロア部分を分離させることができるレジスターがありますので防犯対策に役立ちます。 (ドロア部分をカウンター下に入れるだけで少しは防犯対策になります。) 特にシャープ レジスター XE-A270の場合、バーコードリーダーをセットすることができるので、 わざと金額の打ち間違えをして安い金額で購入させるといった防犯対策になります。

小型カメラ 激安通販