小型カメラ

小型カメラ

小型カメラ

このページは「絞りで光の量を調節する 」の情報コンテンツです。
小型カメラ > 絞りで光の量を調節する

豆知識

レンズの口径を操作する絞り

レンズには金属の羽がついていて、この羽を動かすことで口径の大きさを変えて光の量を調節することができます。そして、このレンズの口径の大きさがどのくらいの光の量を取り入れるのか示すものとしてF値(えふち)というものが使われます。

F値について

 F値は、焦点距離をレンズの口径で割った数字です。例えば、焦点距離50mmのレンズで、口径が50mmならF値は1です。口径が25mmならF値は2になります。F値もシャッタースピードと同じように光の量を倍にするか、半分にするか考えます。F値は1を基準として、以下のような配列になります。

1  1.4  2  2.8  4  5.6  8  11  16  22

1の次が2でないのは、光の量はレンズの絞り穴の面積に比例するためです。F値が1から2に変えると、口径は1/2ですが、面積は1/4となってしまいます。そこで面積を1/2にするために√2=1.4という数値になります。

F値の配列について

基本となるF値の配列も覚えておくと便利です。光の量をコントロールすることができます。

1  1.4  2  2.8  4  5.6  8  11  16  22

一見するとバラバラな数字ですが、ちゃんと規則性があります。F値は1と1.4を基点として、倍々で並んでいます。

F1を基点とすると、

1  2  4  8  16

F1.4を基点とすると、

1.4  2.8  5.6  11(11.2を四捨五入)  22(22.4を四捨五入)

これらの数値を交互に配列すれば覚えやすいと思います。

F値の使い方

F値の配列で重要なのは、数値が一段大きくなると、光の量が半分になり、小さくなると光の量が2倍になることです。例えば、4から5.6にすると光の量は半分になります。4から2.8にすると2倍の光の量になります。デジタルカメラでは、シャッタースピードと同様に中間の値も指定できますが、基本の数値を覚えておけば応用ができます。

小型カメラ 激安通販