小型カメラ

小型カメラ

小型カメラ

このページは「ISO感度で光の量を調節 」の情報コンテンツです。
小型カメラ > ISO感度で光の量を調節

豆知識

ISO感度で光の量を調節!光の量を調節する第三の方法

光の量は通常、絞りとシャッタースピードで調節します。しかし、実はもう一つ方法があります。それがISO感度です。もともとフィルムにある概念ですが、デジタルカメラでも同じように使っています。

ISO感度とは

フィルムには「感度」という感光材料が光を感じる度合いがあります。光の量を直接調節するわけではありませんが、光を感じるフィルム側を調整することで写真の明るさを変化させるわけです。国際標準化機構で定められたフィルム感度の表示法は、「ISO(イソ)感度」と呼ばれます。そのため、ISO感度100、ISO感度400というように表示します。ISO感度はデジタルカメラにも適用されており、フィルムと同じように使うことができます。

ISO感度の配列

25  50  100  200  400  800  1600  3200

ISO感度も絞りやシャッタースピードと同じ考え方をします。この配列で右に一つ行くと明るさが1/2になります。左に一つ行くと明るさが2倍に変化します。この並びも覚えておくと便利です。

ISO感度の使い方

例えば、ISO感度100のフィルム、F値2.8の50mmレンズで、シャッタースピード1/60では暗い被写体があるとしましょう。シャッタースピードをこれ以上遅くすると手ぶれをおこす可能性があります。こういうときに、もっと高感度のフィルム、例えば、ISO200やISO400のフィルムを使えばシャッタースピードを稼ぐことができます。ISO100からISO200にすることは、シャッタースピードを1/60から1/30にすることと同じ効果があるのです。フィルムの場合は、途中で高感度のフィルムに変更することはできませんが、デジタルカメラなら1枚1枚、感度を変えて撮影することが可能です。

 こんなに便利なら、最初から1600とか3200とかの高感度で撮影すればいいじゃないか、と思われるかもしれません。しかし、実は高感度にすることのデメリットもあります。感度は、数値が小さいほど細かい粒子の仕上がりになり、数値が大きくなればなるほど粒子が粗くなってしまうのです。なので、明るさだけを求めて感度を上げると、粗い写真ができあがってしまいます。日中に使用する場合は、100~400の感度で撮影するのがいいでしょう。

小型カメラ 激安通販