小型カメラ

小型カメラ

小型カメラ

このページは「シャッタースピードで光調節 」の情報コンテンツです。
小型カメラ > シャッタースピードで光調節

豆知識

時間を操作するシャッタースピード

フィルムや固体撮像素子などの感光材料にあたる光の量を一定の時間だけ通過させる装置がシャッターです。シャッタースピードにより光が通過する時間を調節することができます。

シャッターのメカニズム

シャッターは通常2枚の幕によって動いています。先幕という1枚目の幕が通ってから、後幕という次の幕が通るまでの時間がシャッタースピードです。ゆっくり動く風車の羽根をイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。1枚目の羽根が目の前があるときは、向こう側を見ることができませんが、少し回ると向こう側を見ることができます。2枚目の羽根が通るとまた見えなくなります。こんなイメージでシャッターは動いています。

シャッタースピードの配列

シャッタースピードの配列を覚えておくと、撮影するときに便利です。

2  1  1/2  1/4  1/8  1/15  1/30  1/60  1/125  1/250  1/500  1/1000

2は、2秒間シャッターを開けておくこと、1/2は、1/2秒のシャッタースピードとなります。よくみると、1/8の次が1/15になっていますね。本来は1/16なのですが、覚えやすいように切りのいい数字として1/15と表されます。これはカメラ特有のものなので、このように覚えるしかありません。

シャッタースピードの使い方

上記のシャッタースピードの配列は、一つ右にいくと時間が1/2になってます。つまり光を取り込む量が1/2になっています。左に行くと2倍になります。1/8は1/4の半分の明るさで、1/2は1/4よりも2倍明るくなっています。これがわかっていると写真の表現の幅が拡がります。デジタルカメラでは中間の値も設定することができますが、基本となる光の量を1/2にするか、2倍にするかを覚えておけば応用がききます。

手ぶれとシャッタースピード

シャッタースピードは速ければ速いほど被写体の動きを止めやすいので手ぶれを起こしにくくなります。しかし日が暮れると、速いシャッタースピードでは取り込める光の量が少なく、真っ暗な写真になります。これを防ぐにはシャッタースピードを遅くすることですが、今度は手ぶれという問題が発生します。実はシャッタースピードと手ぶれにはある法則があります。

1/焦点距離

この法則に当てはめれば、手ぶれを起こす心配がありません。例えば、焦点距離50mmのレンズだったら、1/50よりも速いシャッタースピードで撮影してください。300mmのレンズなら1/300よりも速いシャッタースピードです。これでぶれた写真を防ぐことができます。

小型カメラ 激安通販